「横浜市小児がん連携病院」について

「横浜市小児がん連携病院」について


小児科部長
田中 文子 医師

 診療技術の進歩により今や小児がんの7-8割が長期生存し、若年成人の700人に一人は小児がん経験者と言われる時代となりました。とはいえ現在もなお小児がんは小児の病死原因の中で最多です。小児がんは成人のがんと比較して進行が速く、種類が多く、年間発生数も2000-2500人と患者さんが少ないことから、すべての病院で専門性の高い診療を行うことは困難です。

 横浜市では2014年に「横浜市がん撲滅対策推進条例」が制定され、2015年4月から医療局が設置され総合的ながん対策を推進する中で、小児がんの診療実績のある市内4つの病院を「横浜市小児がん連携病院」に指定しました。当院もこの横浜市小児がん連携病院の1つとして指定され、地域の中で連携をとりつつ診療する体制が始まりました。

 これまでも白血病をはじめ一部の固形腫瘍の患者さんの診療にあたっていましたが、今回指定を受けたことで早期診断・早期治療に加え、こどもの成長に必要な保育や教育にも力を入れ、また長期フォローアップを含めた総合的診療に取り組んで参ります。

診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る