がん診療支援センター概要

がん診療支援センター概要

済生会横浜市南部病院は、「神奈川県がん診療連携指定病院」に指定されています。
「神奈川県がん診療連携指定病院」とは、専門的ながん医療の提供を行うとともに、がん診療の連携体制の整備、がん患者に対する相談支援、情報提供等を行う病院で、神奈川県が指定するものです。
当院では、連携指定病院に指定されたことを受けて、「がん診療支援センター」を設立し、がん医療の情報共有と高度な医療の提供、がん診療体制の充実および地域との連携活動を推進することを目的として活動しています。
当センターは、診療機能、情報提供、研修体制、臨床研究の4つの部門で組織されていて、それぞれの部門は下記の機能を持っています。

診療機能

  • がん診断および治療方法について主治医以外の第三者の医師が意見を提示するセカンドオピニオン外来を設置しています。
  • がん診療連携指定病院と地域の医療機関等が共同してがん診療を行うがん診療連携パスを整備、実施しています。
  • がん化学療法を審査・管理し、キャンサーボードと連携しています。
  • 複数の診療科による臓器別カンファレンスを行い(キャンサーボード)、患者さんの病態に合った集学的・標準的治療を目指しています。
  • 適切な緩和ケアを行うため、緩和ケアチームが活動しています。

情報提供

  • がんやがんの治療に関する情報、セカンドオピニオンや緩和ケア、療養生活の疑問や不安、経済的な問題や就労に関する相談などについて専門のスタッフが対応しています。
  • 2007年より院内がん登録を実施しています。当院でがんと診断し、治療を行った患者について、がんの診断、治療、予後に関する情報を登録しています。登録された情報は、地域がん登録に届出をしたり、国立がんセンターに情報提供することで国のがん対策に協力しています。
  • 地域住民を対象としたがん検診・がん予防・がん診療に関わる公開講座を行っています。

研修体制

  • がん医療に携わる医師、看護師、薬剤師を対象とした緩和ケアに関する研修会(PEACE研修会)を開催しています。
  • 診療連携を行っている地域医療機関との合同公開カンファレンスを開催し、連携した患者の治療方針や経過などの情報交換・検討を行っています。
  • 地域医療機関の医師を対象にした早期診断がん治療による副作用対応などの研修会を開催しています。
  • 2016年研修会・講演会・市民公開講座の一覧はこちら
  • PEACE研修会修了者の一覧はこちら

臨床研究

  • がん治療の標準化、治療成績の向上を目指して、多施設共同臨床試験が行われています。大腸がん、胃がん、成人白血病、小児白血病の分野で積極的に参加しています。 
  • 倫理委員会申請一覧はこちら
診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る