栄養サポートチーム

役割


 栄養管理を行なうことは、すべての治療に共通する医療のひとつと考えます。栄養管理が十分でない場合は、いかなる治療法も十分に効果を発揮することができません。
このため、栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)では特に低栄養や摂食・嚥下困難な患者さんの栄養改善に取り組んでいます。主な内容は、嚥下・口腔機能の評価から、食事形態あるいは経腸・経静脈栄養など適切な栄養摂取方法を提案し、栄養管理の支援を行っています。また、褥瘡対策チームなどとも連携協力しています。
NSTは、医師、管理栄養士、薬剤師、看護師、臨床検査技師を中心に、職種の壁を越えてチーム医療を実践しています。

 

構成メンバー

  • 医 師:3名(腎臓高血圧内科、耳鼻咽喉科、口腔外科)、TNT終了3名
  • 管理栄養士:3名(日本静脈経腸栄養学会認定NST専門療法士3名)
  • 薬 剤 師:4名(日本静脈経腸栄養学会認定NST専門療法士3名)
  • 看 護 師:2名(日本静脈経腸栄養学会認定NST専門療法士2名)+病棟リンクナース
  • 臨床検査技師:3名(日本静脈経腸栄養学会認定NST専門療法士1名)

活動内容


  • ◆ 教育活動:第2金曜日18時~「南部NST勉強会」を開催。(平成26年12月で第100回を迎えました。)
  • ◆ NST回診:毎週月曜日16時~
  • ◆ NST症例検討会:第3月曜日17時30分~
  • ◆ 経腸栄養剤(薬価収載品/食品)の整備:平成26年度は薬価収載品は「エネーボ」、食品は消化態栄養剤「ペプタメンAF」と「ペプタメンスタンダード」を導入
  • ◆ 学会活動:日本静脈経腸栄養学会、神奈川NST研究会、日本リハビリテーション栄養研究会、等
診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る