骨密度(骨塩定量)測定検査

骨密度(骨塩定量)測定検査とは?

骨密度測定装置を用いて骨粗鬆症・骨折リスクの予知・骨折後の骨量増加の経過観察等の診断を行う検査です。
検査内容は主に腰椎部・大腿骨の撮影を行い、骨密度を算出します。
検査中、痛みは全くなく微量のエックス線で行う安全な検査です。(エックス線被曝は胸部レントゲンの約50分の1です。)約10分間、仰向けに寝ていただいて撮影を行います。

代表的な骨密度(骨塩定量)測定検査

骨密度(骨塩定量)測定検査Q&A

Q.検査の注意点は有りますか?
A.検査時に身長・体重の情報が必要となりますので、検査前にお伺いします。
Q.検査時間は、どれくらいかかりますか?
A.検査中は仰向けの体勢で10分程度維持して頂きます。
診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る