看護部

Ⅰ.求める看護師像

「看護のスーパージェネラリスト」

「看護のスーパージェネラリスト」とは・・・

  1. (1)専門職として
    自律
    し、看護の仕事に
    自信と誇り
    を持つ(
    品格
    )。
  2. (2)常に患者・家族の立場に立ち、
    創造性
    のある看護ができる(
    看護力
    )。
  3. (3)変化に対する
    柔軟性
    発展性
    を持つ(
    俯瞰力
    )。
  4. (4)組織人として円滑かつ成熟した人間関係を構築するための
    マインド
    スキル
    を持つ(
    人間関係形成力
    )。

Ⅱ.教育理念

看護専門職としての品格と柔軟で創造的な思考力を備え、常に患者にとっての最善のために専心できる看護師を育成する。

Ⅲ.教育目的

  1. (1)専門職として自律し、看護の仕事に自信と誇りを持つことができる人材を育成する(看護専門職としての品格)
  2. (2)常に患者・家族の立場に立ち、創造性のある看護が提供できる人材を育成する(専心する看護力)
  3. (3)変化に対する柔軟性・発展性を持ち、自己の成長につなげることができる人材を育成する(変化への俯瞰力)
  4. (4)組織人として円滑かつ成熟した人間関係を構築するためのマインドとスキルを持つ人材を育成する(人間関係形成力)

Ⅳ.教育目標

  1. (1)あらゆる状況を確かな倫理観を持って捉え、行動し、自分の言葉で伝えられる
  2. (2)あらゆる健康状態、多様な生活環境にある人々に対して、幅広い専門知識と技術を基盤とした創造性のある看護を提供できる
  3. (3)あらゆる変化を、新たな発見や自己の成長のチャンスと捉え、目指す看護の実現のために前向きに努力できる
  4. (4)自分自身を取り巻くあらゆる人々と良好な人間関係を構築し、発展的なチーム医療の構築のために貢献できる

Ⅴ.教育プログラム

当院では、「看護のスーパージェネラリスト」を育成するための、様々な教育プログラムを準備しています。看護職員個々が自分自身のキャリア開発を考え、自主的に学ぶ姿勢を育んでいきます。

Ⅵ.新人教育

「なんぶ as one」

当院では、新人看護職員を、部署のスタッフ全員で支え、育てるバックアップ体制を整えています。部署のスタッフ全員が、新人看護職員をサポートするためのチューターナースや実地指導ナースなど何らかの役割を担っています。

Ⅶ.キャリア開発

看護部では、キャリア開発*の考え方に基づいて、看護職員一人ひとりがキャリアを積み重ねていくことを支援するだけではなく、個々のキャリア開発が組織としての成長にもつながるようなキャリア開発ラダーシステムを導入しています。

*看護職のキャリア開発とは、「個々の看護職者が社会のニーズや各個人の能力および生活(ライフスタイル)に応じてキャリアをデザインし、自己責任でその目標達成に必要な能力の向上に取り組むこと」、さらに「組織の中でキャリアを発達させようとする場合は、その組織の目標を踏まえたキャリア・デザインとなり、組織はその取り組みを支援するもの」である。

 

≪キャリア開発ラダーの構造≫

1)臨床能力項目

  1. (1)看護実践能力:対象の状態に応じた適切な看護を提供するために、知識・技術・態度を統合し実践する能力。
  2. (2)マネジメント能力:チーム医療を担う一員として質の高い看護サービスを提供するために良好な人間関係を構築し、役割・責任を果たす能力。
  3. (3)教育研究能力:柔軟性と発展性を持って質の高い看護サービスを提供するために、自己教育を継続し、患者・後輩・看護学生に対しての教育、指導を行なう能力。

2)臨床能力段階

診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る