業務について

内服薬・外用薬・注射薬の調剤

内服薬には、錠剤、シロップ剤、散剤(粉薬)など、外用薬は軟膏剤、坐剤などがあり、薬剤師が処方せんに基づいて調剤します。注射剤は点滴(輸液)やアンプル・バイアルなどを個人ごとに取り揃えて調剤しています。調剤の際には処方せんの記載内容や投与量、投与経路、投与期間、相互作用などの確認を行い、問題がないか確認します。また、薬剤の配合変化や安定性を考慮し、調剤を行います。一つの処方に対し、薬剤師が二重三重のチェックをして、正確な調剤に努めています。当院では、自動調剤機(自動錠剤分包機や注射薬自動調剤機)などを導入し、業務の効率化を図っています。

院内製剤の調製

院内製剤とは、市販されていない特殊な製剤や病院独自の製剤のことをいいます。大量調製のための大きな調剤機器(散剤混合機や軟膏調製機など)があり、必要に応じて調製をしています。また、無菌的に薬剤を調製するための無菌室やクリーンベンチを設置し、医薬品を滅菌するための高圧蒸気滅菌器なども整備しています。医薬品には安全性および有効性が求められるため、院内製剤検討委員会で品質および倫理に関する検討を行い、調製しています。

抗がん剤の調製

外来点滴室では、通院しながら抗がん剤などの治療を受ける外来化学療法が実施されています。その化学療法の点滴の調製は、薬剤師が行っています。抗がん剤の点滴を調製するには、【1】プロトコール(がん化学療法治療計画)に照らし合わせて、投薬量や投薬間隔などの確認、【2】3人の薬剤師が関わって調剤、鑑査をする、【3】無菌的なキャビネット内で注射剤を調製する、の順で行っています。
その他、薬剤部では各診療科のプロトコールの管理や、必要に応じて薬剤の説明を行っています。

医薬品情報(DI)活動

医薬品が適切に、かつ安全に使用されるためには、医薬品に関するさまざまな情報が必要です。薬剤師は多くの書籍やインターネット、文献などから情報を収集・整理して、医薬品情報をわかりやすく加工し、医療現場に医薬品情報を提供しています。これを医薬品情報(DI)活動といいます。外来や病棟での医薬品についての問い合わせに対応したり、最近では地域の保険薬局などからの問い合わせにも応じています。

病棟業務

入院患者さんの薬物治療が有効にかつ安全に実施されるよう、カルテ(医師記録、薬物治療歴、検査値など)の確認をし、薬用量や相互作用に問題はないかなどをチェックします。また、医師、看護師など他の医療スタッフとのコミュニケーションや患者さんから話を聞くなどして、効果や副作用の有無についても確認しています。服薬説明では、患者さんの薬物知識や治療意欲、治療の質の向上に努めています。また、医師や看護師などの他の医療スタッフと医薬品情報の提供を通じて情報を共有し、チーム医療の一部を担っています。さらに、病棟常備薬の定期的なチェックなども行っています。

医薬品の在庫管理

医薬品の購入と各部署への供給などの在庫管理を行っています。必要なときに医薬品が不足しないように在庫を適正に管理し、災害時にも対応できるように災害用医薬品も備蓄しています。また、医薬品は薬剤部内に限らず、病棟や外来の医薬品についても定期的にチェックを行い、保管状況や薬の有効期限の確認を行っています。特に品質の管理(温度・湿度・光など)には十分に注意をしています。また、麻薬や血液製剤については、使用した患者ごとに、投与量及び残量を台帳に記録しています。向精神薬、毒薬の在庫管理も行っています。

薬物治療モニタリング(TDM)

薬物の中には治療域が狭く、治療効果を得るように、また副作用がでないように安全面に配慮して治療を行う、薬物治療モニタリング(TDM)が必要なものがあります。薬剤部では、血中濃度をもとに血中濃度の推移を予測し、有効治療域に血中濃度を保つように薬物投与量、投与間隔を医師に提案しています。

診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る