薬剤部


薬剤部長 佐藤 透

 薬剤部は25名の常勤薬剤師と臨時職員に事務員1名で調剤1課、調剤2課、薬務課、情報課の4課から構成されています。
当薬剤部の基本コンセプトは、「学び合う環境の中で全員が臨床業務に取り組む」ことです。現在、ほとんど全ての薬剤師が病棟担当を受け持ち、臨床業務に関わっております。また、薬剤師の得意な分野として院内製剤などについても技術の継承を致しております。医薬品はそのままでは化学物質でしかありません。そこに情報がついてはじめて薬ということができます。患者さん向けの情報、医療者向けの情報が氾濫する今日、個々の薬剤師は情報の収集・整理・評価を通して医療に貢献している姿を是非みてください。医学と並び薬学は薬物治療における車の両輪です。薬剤部は薬を通して患者さんを癒すための専門部門です。

多様化する薬剤師の業務

病院における薬剤師の業務は、内服薬や注射薬の調剤、院内製剤の調製、抗がん剤の調製、医薬品情報活動、病棟業務、医薬品の在庫管理、薬物治療モニタリング(TDM)など多様化しています。

 

チーム医療

近年の医療は医師だけではなく、それぞれの領域の専門職種がチームとなって患者さんの治療にあたるのが一般的になってきました。薬剤師も多くの医療チームに参加して患者さんの治療がより良く進むようにサポートしております。主な医療チームとしては、感染制御チーム(ICT)や栄養サポートチーム(NST)、糖尿病療養支援チーム、緩和ケアチームなどがあり、その他、薬剤師が各病棟で病棟活動を行っております。

教育・研修

薬剤師職員の育成や研鑽の目的で種々の学会、研修会などへの参加を推進しております。さらに、認定薬剤師など認定取得活動も推進しております。また、新人教育では独自のカリキュラムや評価項目を作成し、チーム医療に貢献できるような薬剤師の育成に取り組んでおります。また、薬科大学の学部生の学生実習や大学院生研修を受け入れて、未来の薬剤師の育成にも貢献しております。さらに地域医療連携を薬剤師間で強化するために横浜市港南区薬剤師会と合同研修会を定期的に行い、患者様の安全安心な薬物療法推進に努めております。

 

診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る