人工股関節置換術(THA)

悪くなった股関節を人工の関節で置き換え、股関節が悪くなった場合の最終手段の手術です。
基本的には60歳以上が適応年齢とされているが、股関節の状態、日常生活の障害程度により40歳以上で他に方法がないとき適応としている。

センター長 吉田宏医師が「関節が痛い.com」で人工股関節全置換術について
お話されました。
関節が痛い

最小侵襲人工股置換間接術(MIS-THA)

人工股関節置換術手術の皮膚切開は従来20cm程度でしたが、当院では基本的には8cm程度の小さい皮膚切開で行っています。そのため術後の痛みが少なく術後2日で歩行訓練を行っています。最近は患者さんによりさらに体の負担が少ない前方侵入を多くの患者さんに行っています。

進入方法について

人工股関節置換術手術は最近まで後方進入が一般的でしたが

  • 人工股関節置換術の欠点である脱臼を少なくする
  • ソケットの設置角を安定化する

以上2点を改善するために前方進入(DAA:Direct anteriorapproach)が最近広まっています。
DAAは基本的には筋肉をほとんど切離しないためより体の負担がが少ないとされており、当センターは基本的にはDAAで行っています。
特殊な場合は、手術の安全性などを考慮し、後方進入を選択することもあります。

最小侵襲人工股関節置換術について センター長 吉田宏

私が小さい皮膚切開を行うようになったきっかけ2003年当時、最小侵襲人工股関節置換術MIS-THAに対して否定的に考えていましたが、学会のトピックとなっていたため、人工骨頭置換置換術に対して8cmの皮膚切開で人工骨頭置換術を行いました。
やはり苦労し、時間も通常より少し多くかかったため、患者さんに対し負担をかけたかなと思いました。
手術をして2~3日後 に患者さんに質問をされました。
「何か手術に今回特別なことをしましたか?」と聞かれたので恐る恐る「何か特別なことがありましたか?」と尋ね返すと、「今回の手術の痛みが前回の手術と比べて全然少ないんです。」とのことでした。
この患者さんはこの1年前に同じ手術を従来法で行った患者さんだったのです。
この事により人工股関節置換術が実際に効果があると考え、2004年より約8cmの皮膚切開で行っています。
ただし基本は人工股関節を正確に行った上での話です。

皮膚縫合について

当センターTHA手術において基本的には創が綺麗で抜糸の必要がない埋没縫合を行っております。

手術を考える時期

  • 痛みあるいは動きが悪いため日常生活の障害が大きい場合
  • 年齢としては目安として60歳~80歳 基本的には元気な患者さんでしたら年齢は問いません。

当センターでの人工股関節の最高齢93歳(杖歩行で退院する。) ※レントゲンで悪いからといってやらないといけないわけではありません。

手術を考える合併症

手術の合併症

  • 一般的な手術の合併症 一般的には年齢が高いほど、他の病気があればあるほど手術の危
    険性が高くなります。
  • 感染 手術中に細菌が入る。一度感染すると細菌をなくするのがやっかい。
  • 出血 自己血貯血(前もって血を採ってためておく)
    ※術中回収血(手術中の出血をきれいにして戻す)
  • 肺梗塞、肺塞栓
  • 薬剤のアレルギー

術後合併症

  • 脱臼
  • 人工関節のゆるみ・耐久性

人工股関節のインプラント

臼蓋ソケット(socket)

人工股関節の臼蓋側の受ける方で金属で出来ている。主にスクリューで固定される。 骨と接する方は細かい凹凸があり、骨が入り込んで固定される。

ライナー(liner)

ソケットの内側にあり、摺動面があり、従来はほとんどHDP(High Density Polyethy lene)であったが、摩耗・ 耐久性の問題より、セラミックのものもあり、現在は症例に応じて使い分けている。

インナーボール(Inner-ball)

球形の物でライナーの中で動き金属で出来ている。以前はφ22mmのものが多かったが、現在大きい方が可動範囲が大きく、脱臼を生じにくいため大骨頭を用いる傾向である。当院では現在おもにセラミックのφ32を用いている。

ステム(Stem)

数種類の形状が有り多くは近位部(頭に近い方に)にPorus(金属の凹凸)がありそこに骨が入り込んでしっかりとした固定を得られる。当院ではタイプによってステムを使い分けている。

THA手術の流れ

入院前

  • 手術の決定 手術日の決定
  • 入院時一式検査…手術日より3ヵ月以内
  • 貯血(1回目)400ml
  • 股関節CT撮像
  • 貯血(2回目)400ml(Hgb 14以上の患者さんは貯血1回のみとしている。)
  • 骨の状態により骨塩定量

入院

  • リハビリ受診
  • 手術
  • 術翌日…ベッドサイド端座
  • 術翌々日…起立・全荷重歩行開始
  • リハビリ開始…平行棒内歩行 歩行器歩行 杖歩行 階段訓練
  • 術後2~3週…退院

※当院では人工股関節の手術のパンフレットを作っていますので希望の患者さんに 配布しています。・・・・・こちら

特殊な人工股関節

Plate併用人工股関節

大腿骨骨幹部の骨髄を触らないため再置換の際に有利50歳以下の患者に適応
一時使えなくなったが、いまは同じタイプのモノが使用可能

診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る