形成外科

診療の特長と特色

長西裕樹医師

「形成外科」とは、機能障害を伴う体表の疾患・変形の修復のための手術を行う診療科です。対応可能な疾患は、身体部位では頭の天辺から足の爪先まで及び、数にすると数百種類に上ります。そのため、医師1人ですべての領域を習得するのは難しくで、病院によって得意な診療内容が異なる傾向があります。当院の形成外科は以下に列記する疾患を特に専門的に診療しています。

  1. 四肢リンパ浮腫
  2. 口唇裂・口蓋裂
  3. 上眼瞼下垂・下眼瞼内反・睫毛乱生
  4. 顔面の皮膚悪性腫瘍
  5. 頬骨骨折・眼窩壁骨折
  6. 涙道閉塞

部位別の対象疾患

  • 顔全体
    顔面骨骨折(頬骨・眼窩壁)、顔面神経麻痺による顔面変形、皮膚悪性腫瘍
  • 眼瞼・眼窩
    上眼瞼下垂、下眼瞼内反/外反、睫毛乱生、涙道閉塞
  • 耳介・外鼻
    先天性耳介変形(埋没耳など)外傷性耳介・外鼻変形
  • 口唇・口腔
    口唇裂・口蓋裂、それに伴う歯槽骨欠損、鼻咽腔閉鎖不全、外鼻変形、不正咬合
  • 胸・腹
    乳癌術後乳房変形、陥没乳頭、臍ヘルニア
  • 手・足
    上下肢リンパ浮腫、多指(趾)、合指(趾)
  • 皮膚・皮下
    血管腫・血管奇形(イチゴ状血管腫、海綿状血管腫など)、熱傷瘢痕拘縮

外来担当

 
午前:
初・再診
菱川 美紀
奧山 智輝
-第2,4-
長西 裕樹
-第2,4-
長西 裕樹 奧山 智輝 北村 翔
北村 翔
-第1,3,5-
北村 翔
-第4-
北村 翔    
  奧山 智輝
-第1,2,3,5-
     
午後:再診 長西 裕樹
外来手術
外来手術 外来手術 長西 裕樹
外来手術
 

初診受付時間は、8:30~11:00となっております
再診受付時間は、8:30~11:30となっております
※土曜日は、第1・第3初診のみ交代制となります
第1:北村 翔 第3:長西 裕樹 第3:奧山 智輝

初診受付

それぞれ紹介予約制度が利用できます。
ただし、顔面外傷の救急診療に関しては、平日の8:30~17:00まで最大限に対応いたしますので、遠慮無くご相談ください。

再診:火・水・木曜日の午後はありません。

スタッフ紹介

医師名 職位 専門分野 専門医資格等
長西 裕樹 主任部長代行 四肢リンパ浮腫
口唇口蓋裂
眼瞼涙器疾患
顔面骨骨折
日本形成外科学会専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会専門医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
日本臨床毛髪学会評議員
北村 翔 医員    
前田 奈々恵 医員    
奥山 智輝 医員    
菱川 美紀 非常勤    

対象疾患

  1. 四肢リンパ浮腫
     子宮癌や乳癌の治療後に生じた四肢リンパ浮腫の手術療法を提供しています。
    手術前にリンパシンチグラフィによる評価を行っています。
    手術法はリンパ管静脈吻合を基本とし、状態に応じて脂肪吸引を併用します。
    全身麻酔が基本で、上肢は4泊5日、下肢は6泊7日入院のパスです。
    脂肪吸引を行わない場合は、上肢は2泊3日、下肢は3泊4日で退院可能です。
    弾性着衣による保存療法は、院外のリンパ浮腫療法士と連携しています。
  2. 口唇裂・口蓋裂
     乳児から成人まであらゆる年齢の治療を提供しています。
    片側唇顎口蓋裂の口唇・顎・口蓋1期形成も当院で実施しています。
    唇や鼻の変形はもちろん、咬合や言語を改善する手術も行っています。
    他院で手術を受けた後のトラブルにも対応しています。
  3. 上眼瞼下垂・下眼瞼内反・睫毛乱生
     腱膜性上眼瞼下垂の手術法は、信州大学式挙筋前転法の両側施行を基本としています。
    両側手術の場合は、1泊2日入院のパスです。
     そのほか、加齢に伴うあらゆる眼瞼位置異常の手術に対応しています。
  4. 顔面の皮膚悪性腫瘍
     術中迅速病理検査と精密設計の局所皮弁により、癌の根治はもちろん、手術回数を1~2回にとどめ、変形や傷痕が極力残らないよう努めています。
     局所麻酔は2泊3日、全身麻酔は3泊4日の入院パスです。
  5. 頬骨骨折・眼窩壁骨折
     頬骨骨折では、3DCTやエコーを駆使して、皮膚切開を最小限にするよう心がけています。
     眼窩壁骨折では、顕微鏡を用いて直視では困難な最深部の操作を確実に行います。
    そのため、術後トラブルが少なく、回復が早いのが特長です。
    全身麻酔で3泊4日入院のパスです。
  6. 涙道閉塞
     軽症の場合、外来でのシリコンチューブ挿入にも対応しています。
    重症の鼻涙管閉塞では、全身麻酔下の涙嚢鼻腔吻合(鼻外法)を基本術式としています。
    総涙小管閉塞に対する、涙湖涙嚢吻合も行っています。
    全身麻酔の場合は、3泊4日入院のパスです。
診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る