腎臓高血圧内科

診療の特長・特色

 腎臓高血圧内科では、腎疾患(腎炎・ネフローゼ症候群・腎不全など)や検尿で異常を指摘された方の精密検査、高血圧の検査・治療を中心に、血液透析や腹膜透析、血漿交換療法を含む血液浄化療法全般を担当しています。 また、病診連携を主とした治療方針をとっており、ご紹介いただいた医療機関へ逆紹介する事を基本としています。

施設認定

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本透析医学会教育関連施設
  • 日本腎臓学会研修施設

外来担当

 
初診
(午前)
小林 雄祐 江原 洋介 青木 麻美 池上 充 大城 由紀
再診 大城 由紀 池上 充 岩本 彩雄
(午前)
小林 雄祐 江原 洋介
再診 青木 麻美
(午後)
  川満 久恵
(午前)
―第2・第4―
  小坂 直之
(午後)
再診     川井 有紀
(午後)
   

初診受付時間は、8:30~11:00となっております
再診受付時間は、8:30~11:30となっております

※土曜日は、第1・第3初診のみ交代制となります

スタッフ紹介

医師名 職位 専門分野 専門医資格等
岩本 彩雄 副診療部長
主任部長
腎臓
高血圧
医学博士
日本内科学会認定内科医・指導医
日本高血圧学会指導医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
身体障害福祉法指定医(腎機能障害)
横浜市立大学医学部臨床准教授
小林 雄祐 医長 腎臓高血圧 日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本高血圧学会専門医・指導医
医学博士
江原 洋介 医員  腎臓高血圧 日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本高血圧学会専門医
医学博士 
青木 麻美 医員 腎臓高血圧 日本内科学会認定内科医
大城 由紀 医員 腎臓高血圧 日本内科学会認定内科医
池上 充 医員 腎臓高血圧  

対象疾患

腎臓の病気には、機能は保たれているものの本来尿に出ないはずのものが漏れ出てしまういわゆる尿検査異常やネフローゼ症候群、腎臓の機能が損なわれる急性・慢性腎不全などがあります。
それぞれの段階に応じた介入を入院、外来で行っています。

軽微な尿検査異常
学校検診、従業員健康診断などで尿検査が行われます。当科ではこのようなスクリーニング検査で異常のあった方の診察を行います。
毎年尿検査をされるのはなぜでしょうか。腎臓には血液から尿をろ過する働きがありますが、通常赤血球や蛋白質などの大きいものは濾し出されません。これらが腎臓から漏れ出た状態は腎臓の障害の予兆のことがあります。
目で見てわかる血尿を肉眼的血尿、わからない軽微なものを顕微鏡的血尿と言います。顕微鏡的血尿や少量蛋白尿だけでは自覚症状はありませんが、その中には将来腎臓の働きが低下して慢性腎不全に移行するものがあります。状況によっては精密検査や治療が必要な場合があります。
尿検査異常が気になる方は医師にお尋ねください。
ネフローゼ症候群
少量の蛋白尿は検診や健康診断で初めてわかることが多いですが、尿から大量の蛋白質が失われるネフローゼ症候群では著明な浮腫や体重増加、呼吸苦などで気付かれます。
ネフローゼ症候群には薬物療法が効きやすいものとそうでないものがあります。多くの場合、入院での精査が必要です。
急性腎不全
老廃物や過剰水分の排泄といった腎機能が急激に低下した状態です。当科では急性腎不全の原因診断や治療を行っています。
慢性腎不全
腎臓の機能が徐々に低下している状態です。腎臓が悪いながらも透析は不要な状態を「保存期」といいます。原因が不明の場合は精密検査をおすすめすることがあります。
基本的に慢性腎不全は不可逆性、進行性の病気です。一度悪くなった腎臓をよくする特異的な治療は今のところありません。悪化をなるべく抑えてゆくことが重要です。
栄養食事管理や生活の注意などを集中的に学ぶ、3泊4日ていどの教育入院も行っています。興味がある方は医師にお尋ねください。
腎不全が進行し透析が必要になった場合は、ライフスタイルに合う治療の選択をお手伝いします。
末期腎不全
お薬や食事療法で対応できないほど腎機能が低下した状態を末期腎不全といいます。腎移植・血液透析・腹膜透析といった治療が必要になります。
それぞれにメリット・デメリットがあり患者さんに合った治療を選択できるよう、適宜相談承ります。
血液透析を開始する場合は事前に血管の手術をし、2週間程度当科に入院していただいた後、お近くのクリニックに紹介します。紹介後も透析患者さんの様々なトラブルに対応します。
高血圧症
診察室血圧140mmHg以上、あるいは拡張期血圧90以上、家庭血圧135mmHg以上あるいは拡張期血圧85以上は高血圧症と診断されます。本邦の高血圧者数は約4300万人と言われています。適切な範囲を超えて血圧が高くなるほど心臓病、脳卒中、腎臓病などにかかるリスクやそれらによって死亡するリスクが高まります。高血圧の結果として死亡する人は年間に10万人と言われており、高血圧をしっかり治療し、重篤な合併症が起きる前に予防することが大切です。
塩分の過剰摂取は高血圧症の原因の一つであり、高血圧治療において減塩は非常に重要です。
当院では高血圧症の原因精査や治療、減塩食などの栄養指導を行っています。

診療実績

診療実績 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
維持血液透析導入 53 57 57 56
年間透析回数 1,873 2,214 2,383 2,679

学会発表

当院、腎臓高血圧内科の小林雄祐医師が、2017年10月6日~10月8日にシンガポールで開催された第13回アジア太平洋高血圧学会(13th Asian-Pacific Congress of Hypertension)の国際高血圧学会若手研究者シンポジウム(International Society of Hypertension New Investigator Symposium)においてポスター発表を行い、国際高血圧学会若手研究者委員会ポスター発表優秀賞(International Society of Hypertension New Investigator Committee Poster Presentation Award)を受賞し、表彰されました。


ポスター発表を行う小林雄祐医師


受賞式で表彰される小林雄祐医師(左)

受賞演題:
“Lower BMI but having abdominal obesity is a risk of high arterial stiffness and severity of orthostatic hypotension for middle-aged elderly patients with life-style related disease: A cross-sectional study”
Kobayashi Y、 Kobayashi H、 Fujikawa T、 Hirawa N、Umemura S、Tamura K.

関連リンク:
第13回アジア太平洋高血圧学会
Web:http://apch2017.miceapps.com/client/sites/view/SPff419

診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る