医療関係者の方へ

当院は、平成15年に横浜市最初の地域医療支援病院の承認を得て、主に横浜市南部医療圏内の医療機関との連携を通じて地域完結型医療の構築に努めております。
平成28年4月、従来の組織を改め地域連携部門の強化のため「退院支援室」「福祉医療相談室」「地域医療連携室」の3つの部門から成る地域連携推進部を設置し、地域医療機関や患者さんの連携窓口として活動できる組織となりました。このことにより患者さんのスムーズな受入や、症状の安定した方のかかりつけ医案内、退院後の治療の支援、福祉医療に関する相談等を連携してすすめられるようになります。

地域医療連携室

TEL:045-832-8337(直通) 9:00〜17:00 月曜日~金曜日(祝日除く)


地域医療連携室では、地域の医療機関の先生方に当院の共同利用制度をスムーズにご利用いただくため、医療機関の登録事務を行っています。
共同利用制度として、高度医療機器の予約、研修会の実施、図書室利用等があります。
また、紹介患者さんのサービス向上のため、紹介医療予約やセカンドオピニオンの予約の受付を行っています。
さらに、症状の安定された患者さんを地域の診療所(かかりつけ医)へご案内するコーナーを設置しております。

医療機関の方へ
紹介状を受け取った方へ

福祉医療相談室

福祉医療相談室では、医療ソーシャルワーカーが下記のような内容の相談をお受けしています。ほぼ予約制になっていますので、予約をお願い致します。

福祉制度の利用法を知りたい
身体障害者手帳・介護保険 等
医療費・生活費が心配
高額療養費・生活保護 等
各種施設、関係機関の利用は
リハビリ専門病院・ホスピス・老人施設 等
退院後の自宅療養はどうすれば
往診・訪問看護・ヘルパー 等
その他

※お電話にて予約をお取りください。
電話 045-832-1111 内線563〜566 
済生会横浜市南部病院
福祉医療相談室(西口玄関前MR棟1階)

看護相談室

看護相談室には、がん看護専門看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師の3名の看護師がいます。

看護外来

ある特定の分野について専門的な知識や技術をもった看護師(専門看護師や認定看護師といいます)が、患者さんやご家族からの療養生活上の相談をお受けするための外来です。

かかりつけ医

かかりつけ医とは

かかりつけ医とは医療に関するすべての面倒を診てくれる地域のお医者さん(診療所・クリニック)です。
普段から信頼できるかかりつけ医を見つけておけば、ちょっとした体調の変化も気軽に相談できて、病気の早期発見にもつながります。また、比較的待ち時間が短くて気軽に受診でき、入院や検査が必要な時は南部病院を紹介してくれます。

かかりつけ医の役割
  • 病気の予防/日常の健康管理をする。
  • 専門的治療(病院への入院)の必要性の判断をする。
  • 一般的な病気や複数の病院にかかり悩んでいる場合に気軽に相談できる。
病院医師の役割
  • 専門的な検査・診察・手術をする。
  • 急変時における迅速な対応をする。

済生会横浜市南部病院では、患者さんの健康と安心を、かかりつけ医及び病院の医師が、一緒に見守っていきます。

登録施設一覧

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る